オフィシャルブログ

總總の麻飾りとは...by 備仙

 

 

 

古くから 麻は 日本人の生活や文化を支えて来ました。

 
麻に触れることで 心身の穢れが清められ、
麻をかざることで場が清められるとされて来ました。

總總の麻護人となり、
栃木県の大森由久さんが生産する (野州麻)の精麻を使用しています。

一度茹でて 乾燥させた後に発酵。
 
茎の皮を剥ぎ
さらに不純物を取り除くために 皮をのめした精麻は、黄金に輝いています。

その後、千葉勝浦市の遠見岬神社にて
お祓いして頂来ました 精麻での製作です。
 
ご希望により、オーダー、ワークショップ承ります